塗装工事の流れ

アートリフォームでは「基本動作/基本作業」を大切にし、お客様に少しでも不安を感じさせないような安心施工を心掛けています。そこで今回は、日ごろ私たちが行っている外壁塗装の流れを包み隠さず「すべて」お見せしようと思います。

①まずは、初回訪問(現地調査日)を一緒に決めましょう!

「はい。お電話ありがとうございます。アートリフォームでございます♪」といつも明るく電話対応しています!

はじめに現地調査を行うための日程調整をします。まずはお電話くださいね。ご相談だけでも大丈夫ですよ♪色あせや剝がれなど、気になる個所はお気軽にお尋ねください。プロの職人目線で適切なアドバイスをさせて頂きますので♪

②そして、『プロのお住まい診断』をしてもらいます。

お客様が気になっている点はきちんと確認させていただくのはもちろん、プロの視点で塗り替えが必要な点、修理が必要な点の洗い出しをさせていただきます。正確なお見積をするために、塗替え面の計測、足場、養生ネットの数、コーキングの数、部分補修の数など正確に計測しますね。

③あなたのお住まいにピッタリ合ったお見積プランを受け取ります。

使う塗料によって、耐久性や金額が異なってきますので、お客様のご意向をお伺いしながら最適なプランをご提案させていただきますのでご安心くださいね。

また、アートリフォームでは、お客様にご納得頂くまで、何度でもプランをご検討頂いております。また、お見積を出したからと言って、必ず頼まなければいけないという事はありません。私たちはお客様のご満足を第一としており、決して押し売りは致しませんので、その点もご安心くださいね。

④そして、ご契約。おめでとうございます!

お見積りをご検討いただき、お客様のご予算とご希望にピッタリ合う施工プランが決まったら、ついに契約になります。

そして、『いよいよ感動の塗装工事が始まります!』
と言いたいところですが…

⑤事前お打ち合わせで『塗装デザイン』を決めましょう!

デザイン決めは、理想的なイメージを膨らませて頂く時間のため、とても会話が盛り上がります♪
アートリフォームではお客様が理想をイメージしやすいよう、様々な施工事例を掲載したバインダーをご用意しております。お気に入りとなるデザインパターンが多すぎて、逆に悩まれる方もいらっしゃいますが(笑)

具体的な色決めは色見本帳からお選びいただくのが一般的ですが、(素敵なお色が多くて♪)決められない場合にはA4の外壁透明シートを作成しますので、それに合わせて色決めをするこもできます。

⑥工事前の近隣ご挨拶をさせていただきます。

ちょっとした噂(笑)のアートリフォームの「幸せの黄色いタオル」をもって、当社の業務担当が近隣の方にご挨拶をさせていただきます。(上写真では、たまたま私ですが・・汗。)

「アートさんの塗替えがきっかけで、ご近所さんとのお付き合いが増えました」と言って下さる方もおり、そのたびに、ご近所様への挨拶には気合いが入りますね!!

⑦足場を架設します!

お客様のお家のカタチに合わせて、足場を組んでいきます。

足場の配置が違うだけで、作業効率も大きく変わってきますので、しっかり職人のことも考えて、適切な配置を考えています。また、ご近所様の迷惑にならないように、駐車スペースをしっかり確保し、骨組みを降ろす作業は、できるだけ静かに、そして素早く行っています。

⑧高圧洗浄で長年の汚れを取り去ります!

外壁についている泥汚れや、カビ・コケなど高圧洗浄できれいにします。この高圧洗浄をきっちり行うかどうかで、仕上がりが大きく変化します。私たちは「基本」を大切にしていますから、仕上がりのことを考えて、しっかりと汚れを落としていきます。

⑨養生を行います。

窓やベランダなど、塗料がついてはいけない場所を養生します。これを丁寧に行うことで、デザインにメリハリが生まれ、より美しい仕上がりになります。やっていることは地味に見えますが、とても重要な作業です。

⑩シーリングを行います。

防水のかなめ、シーリングです。このシーリングをしっかり行うことによって、雨水が建物の内部へ侵入するのを防ぎます。プライマーを使い、しっかり防水します。

⑪『下地調整』を行います。

下地処理とは、タイルの傷やモルタル材のひび割れなど、外壁が損傷している部分をシーリング材などで補修する作業のことを言います。この作業は仕上がりの見た目をよくするだけでなく、建物の強度を保つためにもとても重要な作業です。

⑬『下塗り作業』を行います。

「下塗り」には上塗り塗料と下地との密着性を高める効果があります。

 下塗りには、防水機能外壁が塗料の吸い込むのを抑える機能と、上塗り塗料と下地との密着性を高める効果があります。
 また、下塗りは外壁の種類に合わせて使い分けることで、塗膜が長持ちして、仕上がりもとても綺麗になります。

⑭そして『中塗り作業』を行います。

色がガラッと変わる楽しい瞬間です♪

 アートリフォームでは、塗り忘れ防止と、お客様に3度塗りをしていることをしっかりとお伝えするために、原則、中塗りでは下塗りとは違う色の塗料を使っています。お客様に少しの不安でも感じさせてしまっては、プロとしては失格ですもんね♪

⑮いよいよ『上塗り(仕上げ塗り)作業』を行います。

そして仕上げの塗料を塗装します。このように丁寧に塗り重ねることで、耐候性も美観性も増していきます♪
綺麗になりました♪いかがでしょう!

いよいよ上塗りです。上塗りは下塗り、中塗りと違って、お客様がオーダーされた使われるので、お客様も、職人も、全員、完成のイメージが膨らみ、不思議な一体感が生まれてきます。

⑯付帯部(木部・鉄部)塗装を行います。

付帯部もきっちり、丁寧に塗装することで、さらにメリハリが生まれてきます。私たちは塗り替えの最後の最後まで、気を抜くことはありません。

⑰仕上がりと工事完了の検査を行います。

漏れや傷がないか入念にチェック。お客様からのOKを頂いた時点で足場は解体されます!

 最後には、養生剥がしてしっかり仕上がっているかの点検をします。ここで塗り忘れなどがわかった場合には、責任を持って塗り直しさせていただきますので、ご安心くださいね!工事完了の検査が終わった後に、お客様にご確認をいただき、足場解体となります。

⑱完了報告。そして、お客様と一緒に喜びます!

まるで親子のように、仲良く記念写真撮影をさせていただいています。人生の思い出になりますね♪

いかがでしたでしょうか?十分にイメージできましたか?

次は、あなたがこの「感動の塗替えリフォーム物語」の主役になる番です。

今すぐお電話を。