青森・五所川原・つがるの外壁塗装、屋根塗装、塗替えなら、塗装職人の専門店 アートリフォームへ!

アートリフォームの7つの強み!

まずは、ここを読んでいただきたいのです。アートリフォームが、屋根、外壁の専門店である事と、専門店ならではの違いがあります。アートリフォームの、オンリーワンブランドである秘密を、ご紹介します。

屋根、外壁の見積もりを、お願いしますと電話が来ても、現場もしっかり確認もせず、建坪が何坪だから、いくらですと簡単に見積もりを済ませる会社が多いようですが、当社は第一に現場確認を考えております。大きな窓とかシャッターなどは「開口部」と言われ、全体の塗装面積から引いていきます。年数が経たれたお家は、窓が大きな場合が多いので、思ったより、費用がかからなかったという方も多くいます。当社は計測器具を使い、高さ、幅を測っていきますので、材料費の誤差が少なく、安心してお任せできます。
大きな窓とかシャッターなどは、全体の塗装面積から引いていきます。
計測器具を使い、高さ、幅を材料費の誤差が出ないよう正確に測ります。
「外壁塗装は、しない方がいいですよ」という事もあります。外壁塗装は、雪国の外壁を守る完璧なものではないからです。特に近年の窯業系サイディングは、その品物によって、やたら水分に弱い建材もあります。特に窓下とか、基礎廻りとか、ブヨブヨになっている所もあります。このような状態では塗装を行っても手遅れです。そこに、サイディングの部分張り替えをして、塗装できるのか、全面張替しないとお家が守れないのか、判断力と、施工力が必要になります。モルタル外壁にしても、同じです。特に傷みが激しい場合は、シロアリなどで、柱とか、バラ板がない場合があります。当社は、屋根外壁のリフォーム専門店ですから、塗装から葺き替え張替えまでの施工力がありますので、安心してご相談ください。最適の方法を、ご提案します。
傷みが激しい場合
水ぶくれ状態の塗装
窓下部分
ひび割れなど、最適の補修方法を、ご提案します。
100~150キロの高圧で、古く剥れかかった塗膜も除去します。弱った塗装は、細かい破片のように剥がれ落ち、最適の塗装下地を作ります。
高圧パワー洗浄で古く剥れかかった塗膜も除去します。
我々は、1人1人想いを持って仕事をしています。アートリフォームもまた、塗装を通じて、思いやりとか気遣いができる日本職人の心を守るという、理念、想いがあります。あなたの大切なお家を、出来る限り長持ちする塗装をして、幸せにしたい、それが私たちの使命であり、最高の喜びです。多少、高くても、仕事の妥協はしない。アートに頼んで本当に良かった、そう思われる、地元に根ずく、ブランドを目指します。
細かいところも忘れずに。
見えないところも丁寧に。
つなぎ目部分もしっかりと。
下地調整は、お家を防水する為の大切な工程です。弱っている所を、そのまま塗りません。目に見えるところではありませんが、ここでしっかり時間をかけるかどうかで、最後の仕上がりと、耐久年数に違いが出ます。特に、サイディングの重ね目の部分の、コークボンド、やるかやらないかで、仕上りが、全然違います。隙間影ができないので、きれいに見えます。下地調整の中に、建材の一部張替え、浸透性シーラーで、表面硬化、コーキングによる肉盛り、また、モルタルであれば、2液カチオンセメントにて、モルタルのカケ、脱落部分補修、、板金補修、棟木及び、破風補修など、大工工事から、外壁、板金工事に至るまで、考えられるあらゆる下地調整ができます。
専門店らしく下地調整も手を抜きません。
考えられるあらゆる下地調整ができます。
これは業界でも大きな出来事でした。こだわりの塗装職人が、こだわり抜いて完成した、今までの原料配合の常識を打ち破る、プレミアムなペイントです。下塗り塗料からすべての中でNO1,携わった職人も、使われるお客様も、そのパッケージにして、お手元に届いた瞬間から笑顔になる商品です。
みんな地元の職人です。たまに近くのスーパーで会う事もしばしばです。地元の職人が地元の為に仕事をしています。当社の仕事は90%地元五所川原近郊です。2年後支店を青森に出しますので、青森西方面にも、チラシを出すようにしております。みんな、地元で仕事があることに毎日感謝の思いでいっぱいです。いい仕事をして、つがる地方のみなさんの、最高のリフォーム屋さんを、目指します。
地元の職人が地元の為に仕事をしています。
地元で仕事があることに毎日感謝の思いでいっぱいです。
oyakata@art-reform.net
ページの先頭に戻る